ぼくおとうさんだから

こんにちは、ちょびです。

 

うたのおにいさんとして有名な横山だいすけさんが歌う、「あたしおかあさんだから」の歌詞がネット上で批判されましたね。

 

あたしよりあなたのことばかり

 

世のお母さん方は、(本人が望むかどうかは別として)自分より子供のことを優先して生活している人が多いと思います。

私にも8歳と4歳の子供がいます。

妻も働いているので、妻と二人で時短を取って、保育園のお迎えや習い事の送迎をしています。

自分のしたいことは二の次で、まずは子供のこと。

時々、「俺にだってしたいことがある!」と思うこともありますが、そもそも子供が産んで欲しいと親に頼んだわけでなく、親が子供を産んだわけですから、自分の時間を子供に費やすのは仕方のないことだと思っています。

仕方のないことですが、それを他人から「親だから当たり前」と言われ、自分の好きなことをすると「子供が可哀想」と言われると、かなり凹みます。

親も人間ですし、親年齢は上の子と同じですから、基本はどこまでいっても「初めての○歳の親」をやっています。

そして、子供は言うことを聞きませんし、子育てはうまくいかなことだらけです。

「殴ってやろうか!」と本気で思うこともありますし、大きな声で怒鳴ることもあります。そのたびに「自分はダメな親だ」と自己嫌悪です。

幸い、職場は私が子育てを優先することに理解を示してくれて、急な休みなども対応してくれます。もっとも、今は降格してるから色々と余裕があるだけで、もし役職復帰したらどこまでできるのか、という不安はあります。

イクメンという言葉がだいぶ認知されるようになってきましたが、まだまだお母さんの方が家事も育児も負担が大きいのが現実です。

職場での理解も進んできましたが、父親が急病の子供を迎えに行くことにいい顔をしない上司も少なくないです。

時短を取ればなかなか仕事の実績は上げられませんし、残業に制限があれば出世にも響きます。

家庭か仕事か、正社員かパートか、母親が長い間悩んできた問題に、やっと父親達も気づきだした。それが現状ではないかと思います。

子供を第一に考えて、お金も時間も思考も全部子供優先して、それでも思い通りにならない子育てに、最近は「???」となることも多いです。

 

自分は本当は何がしたかったのか?

これは本当に子供のためになるのか?

 

大げさな話、自分の生きる意味すら見失いそうな毎日に、ため息と不安と退屈しかない毎日に、時々何もかも投げ出したくなります。

それでも、子供達の寝ている様子を見ると、少しだけ気持ちがラクになるから不思議です。

お父さんも決して悪いものではないのですが、お母さんと子供はお互いに相思相愛だけど、ちょっとだけ視線の外にいるお父さんは、少しだけ寂しいです。

 

コインチェックは再開できるのか?

こんにちは、ちょびです。

 

インチェック、NEMの巨額流出から4日経ちましたけど、今後の展開が全く見通せないですね。

現状では、

1.NEMを単価88.5円で弁償すると発表(時期未定)

2.NEMを含む全ての仮想通貨及び日本円の送金、出金の停止(解除時期未定)

3.日本円の入金のみ可能

といった感じになってます。

インチェックはユーザー向けのチャットがあるのですが、当初はNEMユーザーとその他のユーザーの言い争いが主だったものの、現在は「早く送金させろ」とか「コインチェックはもうつぶれる」とかのつぶやきが多いです。

そんな中、事実なら犯罪?という記事がありました。

コインチェック社「持ってないコインを消費者に売る」商法と顛末(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

この記事によると、コインチェックは無名の仮想通貨を売買する際、実際には購入せずに表面上だけユーザーが所有しているように偽装した、となっています。一定額以上の取引になれば実際に購入していたようですが、これでは詐欺です。昔の豊田商事事件と同じような構図ですね。

豊田商事事件 - Wikipedia

 

また、出所が不明確ではありますが、計画倒産だ、などという記事も出回っています。

コインチェックに計画倒産の可能性が!元社員が暴露し自作自演と内部告発!仮想通貨流出は詐欺事件へと発展する恐れも | BrandNewS

 

インチェックには、金融庁から業務改善命令が出ていますが、金融庁の命令と、コインチェックの発表にちょっと違いがありました。

まず、金融庁の業務改善命令です。

インチェック株式会社に対する行政処分について
平成30年1月29日
関東財務局

 コインチェック株式会社(本店:東京都渋谷区、法人番号1010001148860、資金決済に関する法律(平成21年法律第59号)附則第8条に基づく仮想通貨交換業者)(以下、「当社」という。)においては、平成30年1月26日(金)に当社が保有していた仮想通貨(NEM)が不正に外部へ送信され、顧客からの預かり資産5億2,300万XEMが流出するという事故が発生した。
 これを踏まえ、同日(26日(金))、同法第63条の15第1項の規定に基づく報告を求めたところ、発生原因の究明や顧客への対応、再発防止策等に関し、不十分なことが認められた。

 このため、本日、同社に対し、同法第63条の16の規定に基づき、下記の内容の業務改善命令を発出した。
(1) 本事案の事実関係及び原因の究明
(2) 顧客への適切な対応
(3) システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化
(4) 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定等
(5) 上記(1)から(4)までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。

コインチェック株式会社に対する行政処分について:財務省関東財務局

 

続いて、コインチェックからメールです。

NEWS LETTER coincheck
当社に対する金融庁の業務改善命令について

インチェック株式会社は、このほど発生した不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金に関連し、本日、金融庁から資金決済に関する法律第63条の16に基づく業務改善命令を受けましたことをお知らせいたします。

 

当社では、今回の措置を厳粛かつ真摯に受け止め、深く反省するとともに、早期に、事案の事実関係と原因究明、お客様の保護、システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化ならびに、実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定を進めていく所存です。

改めまして、お客様をはじめとする関係者の皆様に、多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。また、今後、策定する改善策を着実に実施することにより、お客様の信頼回復に向け、最善の努力をしてまいります。

 


Ⅰ.業務改善命令の内容

1. 本事案の事実関係及び原因の究明
2. 顧客への対応
3. システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化
4. 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定等
5. 上記1から4までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。

以上


Coincheck(コインチェック)

 

お分かりですか?

2.顧客への(適切な)対応

3.システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化(及び責任の所在の明確化)

上記(太字)部分が抜けています。こんな重大なことを打ち間違える訳がありませんので、意図的に抜いたと思うべきでしょう。

なお、現在のコインチェックのホームページでは、指摘を受けたからなのか、業務改善命令のとおりの記載となっています。

当社に対する金融庁の業務改善命令について | コインチェック株式会社

 

金融に限らず、商売は信用が第一です。どんなもうけ話でも、信用できない相手とは取引できません。そういった点で、コインチェックは二重、三重に自らの信用を毀損しています。このような業者を今後も使う人がいるとは正直思えませんので、業務が再開されたとしても、ほとんどの利用者はコインチェックから逃げ出し、倒産するのは目に見えています。だからこそ、「計画倒産だ」などという記事も妙に信憑性を帯びてきます。

詐欺、となれば警察も本格的に介入しますし、株主も責任は免れないでしょう。ただ、当事者達はもう海外に逃げているかもしれませんが。

「あれは本当にひどい事件だった」と後世に語り継がれる可能性もある今回の事件。小額投資ながら、当事者として顛末を見守りたいと思います。

コインチェックからのNEM流出について

こんにちは、ちょびです。

 

ニュースでご覧になった方も多いと思いますが、国内大手の仮想通貨取引所インチェックから580億円相当のNEMが盗まれました。

コインチェック、NEM約580億円分が不正に外部送金 仮想通貨の取引を一時停止 - 産経ニュース

1月26日の午後2時頃、以下のようなメールがコインチェックから届きました。

 

NEWS LETTER coincheck
【重要】NEMの入金について

現在、NEMの入金について制限をさせていただいております。入金を行いました場合、残高に反映がされませんため、入金を行わないようお願い申し上げます。

みなさまには大変ご迷惑をおかけしておりますが、ご了承くださいますようお願い致します。
詳細に関しましては、判明次第、当ブログや公式SNSにてお知らせを致します。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

実は私、コインチェックでNEMを持っていたんです。この日はメールを確認しておらず、ニュースを見るのも遅くなってしまい、ここまで大事になっているとはしばらく気づきませんでした。

この後、日本円の出金、その他の仮想通貨の送信も出来なくなりました。

日本円の出金に関しては、以下のようなメールが届いています。これは、27日の3時半ぐらいに受信しました。

 

NEWS LETTER coincheck
【Coincheck payment】一部機能の停止について

2018年1月27日17:00頃より、Coincheck paymentの一部機能が停止いたしますことをお知らせいたします。

 

Coincheck payment一部機能の停止について
停止日時:2018年1月27日 17:00頃〜
停止機能:日本円出金、及び新規支払いの受付

再開の見込みについては未定となっております。また、ログイン及び管理画面へのアクセスは可能です。

ご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ございません。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

 この後、しばらくして、保証に関しての連絡が届きました。受信は28日の午前2時40分頃です。

 

NEWS LETTER coincheck
不正に送金された仮想通貨NEM保有者に対する補償方針について

不正に送金された仮想通貨NEM保有者に対する補償方針について

インチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEM保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

http://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEM保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。
           


今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。

 

仮想通貨に関する損失事件と言えば、マウントゴックス社のことを思い出す人も多いと思いますが、コインチェックは「自己資金で保証する」と言っており、対応はかなり異なります。

ただ、この連絡を見ても、素直に喜べないのが人の性と言ったところで。

まず、補償金額が低いのではないか、という点です。約88.5円で保証するとあるのですが、ブログ作成時点で108円程度なので、正直かなり損した気分です。

次に、保証時期が明示されていない点です。保証する気がある、という意思表示だけをしても、目処等が全く示されていません。本当に保証するだけの資金があるのでしょうか。

そして、これはNEM保有者だけではないのですが、1/29現在で、まだ日本円の出金、その他の仮想通貨の送信が出来ない状態です。

今回の件を受けて、コインチェックが信用できなくなったので、私としては速やかに他の仮想通貨を別の取引所に移したいのですが、まだ何もできない状態です。

さらに納得がいかないのが、どうも日本円の入金だけは出来るそうなのです。会社が今後も存続できるかどうか怪しいのに、入金だけは受け付ける、というのは誠実さに欠けると思います。

仮想通貨がどれだけ暴落しても、それはもちろん投資した人の自己責任です。ただ、ハッキングで丸ごと盗まれるというのは、セキュリティーがかなりずさんだったと言われても仕方ありません。コインチェックが今後も運営を続けていくというのであれば、その辺りの責任問題だけはちゃんとしてもらわないと、と思います。

子供の舌に黒い線

こんにちは、ちょびです。

 

今日は上の子の話です。

小学2年生の上の子が歯磨きをしていると、「お父さん、舌にゴミがついてる」と言い出しました。見ると、確かに糸くずのような黒いものが。何かな、と思って触ってみても取れません。どうやら舌の一部に縦向きの黒い線のようなものができている様子。

「???」

本人に聞いても、「そう言えば、ちょっと前に噛んだかな~」と。

ただ、私は子供の言うことをあまり当てにしていません(嘘をつく、という意味ではなく、彼らの記憶は曖昧で、あまり当てにならないので)。

とりあえず、様子を見ることにして、その日は寝かせました。

が、親は気が気ではなく、ネットで「子供 舌 黒い」で検索。

色々と出てはくるのですが、どれもしっくり来ません。最後には、「子供 舌 メラノーマ」と、最悪の事態を想像して検索していました(汗)。

さて、翌日。

起きた子供の舌を見てみると、昨日は線だったはずが、今日は点に。治ったのか、どうやら上の方は黒色が無くなっていました。

普通なら、「これなら心配ない」となるところなのですが、それはちょっと病的な心配性の私は、「まだ黒色が残っている」方が気になり、またウジウジと悩んでいました。

さて、その翌日、また確認すると、一昨日は線だった黒色が、一見すると見過ごしてしまいそうな程小さな点に。明らかに昨日よりも小さくなっています。

心配性の私もさすがにこれで安心して、明日にも完全に消えるだろうと思えるようになりました。

ちなみに、病院に連れて行かなかったのは、様子を見ようと思ったわけではなく、気がついたのが土曜の夜だったからです。平日だったらたぶん連れて行っていたと思います。あまりに些細なことで病院に行くのはどうか、と自分でも思うのですが、胸がぐいぐいと締め付けられたまま過ごすのは、あまりにしんどいので、気になったら病院に行くようにしています。

子供のちょっとしたことが心配になる、というお話でした。

仮想通貨を買いました(その2)

こんにちは、ちょびです。

 

2018/1/16~17に大暴落した仮想通貨ですが、18日は少しずつ戻しています。

ただ私は、二度目の暴落に耐えられず、一部を損切りしました。現在は、

3割 消失、4割 仮想通貨、3割 現金

保有しています(ひどい成績ですね)。

あまりの下げ具合に、「このまま仮想通貨は終わるのか?」と正直終わりました。

回復していると言っても、前日の安値ぐらいに戻しただけですので、今後もどうなるかは分かりません。

ただ、今回の一件で分かったことがあります。

ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコインと呼ばれます)は、現金以外にビットコインで売買されることも多いため、その価値がビットコインを通して換算されます。

そのため、ビットコインの価格が下がると、自動的にアルトコインの価格も下がります。

今回、どのコインから売られ出したのかは分かりませんが、ビットコインが売られたために、アルトコインが全て値下がりすることとなりました。ここ二日ほどは、主要な仮想通貨はほぼ同じ値動きをしています。これは、ビットコインに連動して価格が上下したためです。

ブログ作成時点(2018/1/18 9am)で、1ビットコインは120万円を超えています。これが再度150万円をうかがってくれば、アルトコインの値上がりも期待できます。120万円が上値となれば、大きな上昇は期待できないでしょう。

今回は年末年始の新規参入者(私もそうですが)によって、価格が暴騰したフシがあります。このため、大口から大量の売りが入り、価格を下げました。暴落に慣れていない新規参入者は、恐怖の余り損切りをして(私もこれです)、売りが売りを呼ぶ展開となったようです。昨年秋までに始めている人は、暴落時でも元金が確保できているため、むしろ好機と見て買った人も多くありました。その結果、保有コイン数を大きく増やしたようです。

相場を正しく理解せず、ただ何となく買った人が、損をして退場した、というのが今回の暴落の結果だったように思います。

 

また、「仮想通貨の価値は、現実的には0円である。」という人が結構います。これは事実ではありますが、仮想通貨の全てを表すものではありません。

例えば、特許は発明(アイデア)を保護するための制度ですが、特許自体に価値があるわけではなく、そのアイデアを使いたい人がいて、初めて価値が出ます。そういった意味では、特許も現実的には0円です。

仮想通貨はアイデアをプログラムという形にしたものですので、アイデアそのものと言っても過言ではありません。そこに価値を見いだすかはどうかは使う側に依存します。

また、極端な話をすれば、金(ゴールド)も通常の貨幣も本質的な価値は怪しいものです。食品や住居、衣服と違い、人間が生きていく上で原始的に必要なものではありません。ただ、交換が発達した現在において、交換に便利である、という理由で利用されている側面が強いと思います。

そういった意味では、仮想通貨も「交換に便利である」という側面で、一定の価値があります。ただ、それと現在の価格が一致しているかについては、疑問もあります。実際にここまで価格が上下しては、交換に不便だからです。

仮想通貨をオランダのチューリップバブルに例える人がいますが、チューリップは現在も一定の価値を有しているます。そう考えると、仮想通貨という概念も、いつか我々の生活に根ざした存在になるのかもしれません。もっとも、その時はもっと穏やかな値動きになると思いますが。

仮想通貨を買いました

こんにちは、ちょびです。

 

先日、仮想通貨を買いました。

すると今日(2018/1/17)、大暴落しています。(ToT)

もちろん、余剰資金でやったので、「見る目がなかった」の一言であきらめられるのですが、やはり自分が理解できないものに手を出してはいけないのですね。

今は投資した額の1/3ぐらいがなくなっています。一時は半分近くまで減ったのですが、少しだけ持ち直しました。

購入した仮想通貨は、イーサリアムイーサリアムクラシック、ネムの3種類です。

スマートコントラクト、という技術が将来的に役に立つだろうと思ったのですが、それと仮想通貨が高騰するのとはあまり関係がないのかもしれません。

さて、今後仮想通貨はどうなるのでしょう?この暴落前は「まだまだ上がる」という人が少なくありませんでした。以前から仮想通貨を持っている人も含み益があるのでまだ余裕のようです。私のように最近参入した人があまりの下落ぶりに我慢できずに手放しているのかもしれません。それと、海外の規制に関するニュースも下落に大きく影響しているようです。

これだけ下がれば買いが入る(事実、一時はもっと下がっていました)ので、投資した金額が完全になくなることはないのかも知れませんが、投資がしたいのなら、普段からちゃんと情報収集をして、対象をよく理解してからするべきだと思いました。

しばらくは保有するつもりですが、どうなるかは全く分かりません。

 

子供の目が悪い

こんにちは、ちょびです。

 

うちの長男はたぶん生まれつき耳が少し悪いです。具体的には高音(体温計の電子音)が聞き取れません。日常会話の音域は特に問題ないそうで、会話に困ることはありません。それでも、「もし他の音域も悪くなったら」という心配が常に心にあります。そのため、半年に一回程度で近所の耳鼻科に検査に行っています。

そんな長男ですが、小学2年にして今度はメガネが必要と言われました。

ここ2ヶ月ほどでしょうか、なんだか目を細めて物を見ることがあるな、と思っていたので、正月明けに眼科に行ったところ、両目とも0.3程度、と言われました。昨年の5月頃は、両目とも0.8程度だったはずなので(この結果は多少疑っています。なぜなら、他の眼科でもう少し悪い数字を言われたことがあったので)、急激に悪くなっていました。

両親ともメガネなので、遅かれ早かれメガネが必要になるとは思っていましたが、小学2年でメガネが必要になるとは思っておらず、そのうえ急に悪くなったので、かなりショックでした。せめて、小学5年までは耐えて欲しかった、というのが正直な感想です。

ここのところ、暗い時間から起き出してこそこそテレビやタブレットを見たり、寝転びながら本を読んだりと、目に悪い生活が目につくようになったので、それらも原因かと思っています。どこかの本に、姿勢を良くすればそれだけで多少の回復が見込まれる、とあったことから、とにかくゲーム時間を減らし、テレビの時間も減らし、本は必ず机で良い姿勢で読むようにしています。これで少しでも進行が遅くなってくれればよいのですが。

体幹の筋肉が弱いのか、良い姿勢で長く座るのが苦手だったので、Amazonで姿勢矯正用の補助器具を購入してみました。

MTG-骨盤サポートチェア-Style-スタイルキッズ-Lサイズ

まだ届いていないので、効果があるか不明ですが、届いたら感想を書きたいと思います。

もちろん、メガネも作りました。近所の眼鏡市場に行って、子供用のメガネを作ってきました。ただ、こちらもレンズの在庫がないとのことで、受け取りはしばらく係る予定です。

それとは別に、近視の進行を抑制する目薬についても近々相談しようと思っています。

低濃度アトロピン(マイオピン)点眼というのが、近視進行の抑制にある程度効果があるとのことでしたので、これで効果があればいいのに、と思っています。

マイオピンの説明 近視の進行予防と治療|眼の病気|医療法人社団 医新会

子供が生まれた頃は、大きな病気もなく、それほど心配もなかったのですが、成長するほどに様々な心配事が出てきて、いつも心が落ち着きません。ちょっとした症状も、大きな病気の兆候ではないか、と心配してしまいます。実際は、全て心配のしすぎなのですが、いつの頃からかそれが止められなくなりました。

私のように小さいお子さんをお持ちの親御さんは、きっと同じように心配しているのだろうなと思います。

不安ばかりが心にありますが、この間、幸せなこともありました。それは、二人の子供に挟まれて寝ることです。

普段は奥さんがそうやって寝ているのですが、たまたま私と子供の3人で昼寝をしたら、とても幸せでした。色々と将来のことで心配はありますが、今、子供たちが自分に抱きついて寝ている、ということがこんなにも幸せなことなんだな、と思いました。