責任感が強いのは損?

こんにちは、ちょびです。

 

責任感って大事ですよね。自分で言うのもなんですが、私は責任感の強い方だと思います。

仕事でも、あまり他人に頼らず(頼れず)、全部自分で抱えてしまうことも多いです。一方で、他人に頼られることは多く、それも断れずに抱えてしまいます。こういうのも強い責任感の裏返しなのかなと思います。

人として、責任感のあることは大事だと思うのですが、会社という組織で責任感が強いことは果たして「得」なのでしょうか?

 

日経ビジネス・オンラインで以下のような記事を読みました。

 

business.nikkeibp.co.jp

 

どうも責任感が強いのは、出世ではマイナスに働くようです。

確かにある程度出世した人は、「誰の責任か?」という話をよくするように感じます。本人が関わっていても、「自分に責任の一端がある」とは言わず、むしろ率先して犯人探しをする人も多いです。

上司には「部下の失敗は自分の責任」と言ってもらいたいのですが、実際には「お前の失敗はお前の責任、俺の失敗もお前の責任」という人が少なくないように思います。できれば、こういう上司は避けて通りたいものですが。

 

では、責任感が強いのは「損」なのでしょうか?

私はそうは思いたくありません。確かに出世する上ではマイナスかもしれませんが、そうやって出世した人は、少なくとも部下から信頼されません。周りの人間から信頼されないまま会社人生を歩んでも、晩年、または定年後は空しい人生を送ることになると思います。

ちゃんと責任感を持って仕事に取り組んでいる人は、周りからの信頼もありますし、いざという時、周りが助けてくれると思います(私も助けてもらいました)。

 

40年ほどある会社人生ですから、できれば出世も信頼も得たいところですが、どちらかしか手に入らないとしたら、出世はそこそこでも人に信頼される人間になりたいと思います。

何を楽しみに生きるか

こんにちは、ちょびです。

 

皆さんは、日々の楽しみはありますか?

私は、高校時代の友人と飲みに行くことが一番の楽しみです。

彼らは私と違い、いわゆる理系の職業についていて、はたから見ると充実した仕事をしているように見えます。

そんな彼らと話をすることはとても刺激的で、普段使わない頭をフル回転させているような気がします。

ただ、彼らも家族がいるので、会えても年に数回ほどで、なかなか日々の楽しみというわけにはいきません。

 

子供の成長は楽しみの一つですが、毎日、成長を感じるわけではありませんし、むしろ叱られるようなことばかりしている子供たちを見ると、疲れがたまることもしばしばです。

ヨシタケシンスケさんの「ヨチヨチ父」をご存知でしょうか?その中で、「子供の寝顔で疲れも吹っ飛ぶ」というのがあるのですが、そのオチを読んで、「まさしくその通り!」と思いました。小さいお子さんを育てているお父さんにはとても共感できると思うので、お勧めの本です。

ヨチヨチ父 とまどう日々 | ヨシタケシンスケ |本 | 通販 | Amazon

 

さて、友人ともそこまで頻繁に会わず、子供の成長は毎日は感じないとすると、何を日々の楽しみにすればよいのでしょう?

仕事にやりがいがあれば、仕事に楽しみを見出すこともできますね。仕事にやりがいがなくても、人間関係が良好ならちょっとした雑談を楽しむこともできるでしょう。

ただ残念なことに、私の仕事にはやりがいはなく、雑談をするほど和やかな職場でもないので(誤解のないように言っておきますが、嫌な人がいるわけではありません)、職場ではただ黙々と仕事をこなすだけ、といった感じです。

プライベートも子供の世話や家事に追われて、なかなか自分の時間を捻出できないのが実情です。

毎日平和に過ぎていくのだから、それ以上を求めるのは贅沢なのかもしれませんが、すべきことをするだけの日々はやっぱりちょっと疲れてしまいます。

 

ちょっとでも心の動くことを探して、毎日生きてます。

Fitbit買いました

こんにちは、ちょびです。

 

先日、Fitbitを買いました。

購入したのは、Fitbit Alta HRというモデルです。

 

たまに運動をしているのですが、何か目安が欲しいな~と思っていたところ、友人からFitbit Charge 2を見せてもらい、思わず買ってしまいました。

私の購入したAlta HRというのは、最近発売されたモデルで、細めのデザインですが、なかなか高機能です。友人の持っているCharge 2の方が機能的には多いのですが、太さのせいでデザインがほぼ時計のため、別に時計を着けたい私にはちょっとハードルが高かったです。

さて、使ってみた感想ですが、睡眠に関する記録が出るのが面白いですね。深い睡眠、浅い睡眠、レム睡眠などが何時ごろに表れていたかがスマホに表示されます。

これを見て思ったのですが、どうも私の睡眠はあまり質が良くないようです。

そのほかにも、歩数計、脈拍、運動記録などが表示されます。

友人の持っているChage 2はこれ以外にも気圧計が搭載されているらしく、階段をどれだけ上がったか、などが表示されていました。

Alta HRとChage 2のどちらを購入するか悩んでいる方は、時計を別に着けないのならCharge 2を、時計を別に着けたいならAlta HRをお勧めします。あと、女性はAlta HRの方がおしゃれに見えると思います。

ただ、使用していて思ったのですが、あまりぴったり手首に着けると、手首の内側がかぶれることがあります。私はかぶれました。

私の場合、男性ですがSサイズを使用しています。左手に着けていて、ベルトのちょうど真ん中の穴を使用しています。かぶれたときは真ん中より一つきつい側で使用していました。一応防水なので、着けたまま食器洗いなどをしていたのですが、その時の洗剤が残っていたのかな?と思っています。

まだ、使用して間がないので機能もあまり理解できていませんが、結構気に入っています。もう少し使ったら、また感想を書きたいと思います。

妻が泣きました

こんにちは、ちょびです。

 

昨日、妻が泣きました。

昨日、妻は子供たちを習いごとに連れて行ったのですが、その帰り、危ないことをした上の子の頭を叩いてしまったそうです。

掌手でおでこをかなり強めに叩いてしまったらしく、子供は「痛かった」と言っていました。私はそのことを帰ってきてから聞いたのですが、妻から「強めに叩いたけど、大丈夫だよね?」という質問に「知らない。わからない。」と答えてしまいました。

私は心配性で、子供が転んで頭を打つと、毎度病院に連れて行くような人間です。そんな人間に子供の頭を叩いておいて、「大丈夫か?」と聞かれても、「大丈夫」とはとても答えられません。正直、強く叩いたという話を聞いて、かなり不快で不安な気持ちになりました。

その後も私がとても機嫌悪そうにしていたので、妻は子供のお風呂を私に頼み、沈んだ様子で家事を行っていました。

 

子供たちが寝た後、妻が「カウンセリングに行きたい」と言い出しました。その後、泣き崩れ、過呼吸のような症状になりました。

落ち着いてから話を聞くと、子供を育てる自信がなくなった、人と生活するのがつらい、楽しいことが何もない、疲れた、と生活の不安、不満を述べました。

私だって、子供のことで眠れない日もあります。日常生活で楽しいことがあるとは言えません。仕事に家庭にと日々のことで疲れています。ただ、それに甘えて妻が疲れ切っていることに気付けていませんでした。とても反省しました。

1時間ほど泣いて、話して、少し落ち着きを取り戻したので、いつもは子供たちと寝ているところ、今日は一人でゆっくり寝てはどうかと勧め、朝まで眠らせました。

翌朝にはいつもと変わらぬ様子でした。本人も少し落ち着いたと言っていました。

妻は以前、パニック障害になったことがあり、メンタルはそれほど強い方ではないのでしょう。家の近くてよい医者を探して、少しカウンセリングを受けた方がよいと思いました。

 

今回のことで、私は本当に自分が何もできていないのだな、と思いました。子供にもすぐ感情的に怒ってしまいます。妻にもこんなに苦労をかけていました。こんな人間は、父親も夫も失格だと思いました。でも、子供たちにも妻にも、私の代わりがいるわけではありません。私はもっと頑張らないといけません。でも、私が潰れてしまっても、やはり誰も幸せになれません。なんとか折り合いをつけて、家族で笑って生きていきたいと思いました。

休職してました

こんにちは、ちょびです。

 

今日は私が適応障害で休んでた時のことを書きたいと思います。

私の適応障害については、「適応障害ってなに?」を読んでいただければと思うのですが、調子を崩してから一月半ほど会社を休んでいました。

休み出した頃は朝起きれなくて、家族を見送った後また眠るという生活を2週間ほどしていました。

その後、朝も起きれるようになったのですが、今度は必ず昼寝をするという生活に変わりました。

この間、家からはあまり出ず、近くのコンビニに行くぐらいの生活でした。

休んで1ヶ月ほど経つと出かけることも多くなり、一人で高速バスで砂丘を見に行ったり、ということもするようになりました。また、復帰に向け、朝起きて身支度をして、図書館に行くという生活に変えていきました。

この間は、1週間に一回の割合で心療内科に通っていました。

 

仕事に行かなくなって、順調に回復していましたが、時々仕事のことを思い出して、胸がとても痛い!という感覚に陥ることもありました(本当に鋭い痛みを感じてびっくりです!)。

また、休みだしてすぐに、適応障害の原因となった上司から呼び出され(面談のため)、症状がぶり返す、ということもありました。

この呼び出し、休み始めて1週間ほどで、上司が自分の事務室に呼び出したんです。今回の適応障害は、職場がストレスになっているのが分かっているので、普通の上司なら職場外、少なくとも自分の事務室に呼び出すなんてことはありえないのですが、まったく病気について理解していないのだな、と愕然とした出来事でした。

 

私の場合は、そもそも「無理!」と思ったのが早かったこと、原因がはっきりしていたこともあって、1月半ほどの療養で別の部署で復帰できました。知り合いには頑張りすぎてから休んだので、半年たっても復帰のめどが立っていない人もいます。

皆さんもとにかく無理せず、「あれ?」と思ったら気軽に病院に行ってみてください。意外と敷居は低いですよ。

適応障害ってなに?

こんにちは、ちょびです。

 

私は現在、適応障害ということで心療内科に通っています。

適応障害になった理由は、「パワハラと降格」を読んでいただければと思うのですが、Wikipediaによると、

適応障害(てきおうしょうがい、英: Adjustment disorder:AD)とは、はっきりと確認できるストレス因子によって、著しい苦痛や機能の障害が生じており、そのストレス因子が除去されれば症状が消失する特徴を持つ精神障害である。

適応障害 - Wikipedia

とあります。

 

私の場合、以前の部署の上司がストレス因子となって発症し、その部署から1年ほどの前に異動したため、正直今は症状はありません。

ですが、主治医からは十分に治療期間を取ることが望ましいということで、現在も服薬を指導しています。

飲んでいる薬はたぶん軽いものなんでしょうね。スルピリドとタンドスピロンというお薬が処方されています。たまに飲み忘れたりしますが、体調、精神面共に何の問題もありません。

私は現在、降格中のため、以前より責任も少なく、業務も少ない状態です。これも病気治療のためということになっています。

降格した当時は、降格の事実より、トンデモ上司から離れられたことの方がうれしかったので、あまり気にしませんでしたが、体調が戻ってくると、やはり降格は気分のいいものではありません。

第一に、自分が職場にとってあまり価値のない人間ではないか、と感じます。自分が降格しても職場は何ら問題なく機能します。それを見ると、自分の職場での価値ってなんなの?と思ってしまいます。

第二に、会合などに出席して「主任です」と自己紹介すると、なんとなく肩身の狭い思いをします。自分より年下の係長もいますので、「俺は本当は係長なんだ」と言いたくなってしまいます。

第三に、給料が下がります。仕事の難易度が下がっているので、ある程度仕方がないのですが、これも気になります。

こういったこともあって、近々再昇格させてもらうべき、今の上司と話をしています。上司は診断書があれば検討する、という立場なので、まずは主治医に現状を説明して、診断書を書いてもらうことになりそうです。こちらの希望どおり書いてもらえればよいのですが。。。

 

早く、適応障害という病名からおさらばしたいです。

 

パワハラと降格

こんにちは、ちょびです。

 

今回は私の現在の状況を書きたいと思います。

私は現在、[主任」という肩書で仕事をしています。私は今、40歳ですが、40歳男性で主任というのは、正直珍しいです。40歳になるとほとんどの男性は係長をしています。ちなみに、女性は係長以上になる人がまだ少ないので、40歳以上でも主任の方はたくさんいます。

それはそれで問題があるのですが、今回その話は脇に置いて、なぜ私が主任をしているか、というお話です。

私も以前は係長だったのですが、異動でパワハラ上司に当たってしまい、異動してほどなく「適応障害」と診断され(1か月で5㎏痩せました)、その後、異動となりました。異動の前に人事部から、「すぐに異動では説明がつかないので、病気のため一時的な降格を受け入れれば異動させる」と言われました。

その時はとにかく異動したかったので、この提案を受け入れましたが、今になって思えば問題のある対応です。

そもそもの原因がパワハラなのに、相手はお咎めなしで、私は降格です。もちろん給料も下がります。仕事は楽になりましたが、納得のいく結論ではありませんでした。

この上司は学内でも有名なパワハラ上司で、何人もの部下を潰しています。また、不正経理など、黒い噂も絶えない人物です。ただ、この人物は部長なので、誰も注意することができず、大学も問題を認識しながら事実上放置しています。

以前に、「40代と仕事のやりがい」で今の仕事にやりがいがない、と書きましたが、このような人物を野放しにしている職場(人事部)に不信感があるのも、職場の魅力の無さにつながっています。

体調は問題ないレベルに回復したので、もうじき係長に復帰しようかと思っています。ただ、職場への不信感はもうどうしようもありません。

私が今回のことで学んだのは、職場は自分を助けてはくれないということです。

 結局、自分の身は自分で守るしかありません。そして、体を壊すぐらいならさっさとその場から逃げ出すことをお勧めします。私は異常を感じてすぐに逃げ出したので、早く回復することができました。友人には、ギリギリまで頑張ってしまったせいで、ずっと休職している人もいます。

仕事を辞めるのは大変ですので、まずは休む。上司は鬼のように怒るかもしれませんが、とにかく休みましょう。休んで休んで、しっかり休んで、そろそろ戻ってもいいかな、と思えたら戻ってみる。思えなかったら、そこで初めて辞めることも考える、でいいのではないでしょうか。

逃げるは恥だが役に立つ、とはかなり流行った言葉ですが、逃げるのは恥でもなんでもありませんとても役に立ちます。まずは自分を大切にしてください。